アウトドア インドア

学生との出会いがありました。

毎朝、私と息子は、散歩に出かける。
自宅から、3分ほどのバス停までだ。
1歳5か月の為、目が離せずとても疲れる。
お決まりのコースを歩き、あと、10メートル位で自宅に着くという所で、前方から、車いすの学生さんが来た。
実は、昨日も会ったのだが、初めてだったので、朝の挨拶だけした。
まさか、今日も会うとは思わなかった。
きっと、毎日この時間にバスに乗る為、一人でバス停に向かうのだろう。
私は、息子と手を繋いだまま、連日、同じ人に会った嬉しさで今日も「おはようございます。
昨日のお兄ちゃんだよ。」と言った。
すると、昨日は、口先だけの挨拶だった学生さんも、私と同じ気持ちでいてくれたのか、笑顔で「おはようございます。」と言ってくれ、
息子には、手を振ってくれた。息子も手を振りかえしていた(笑)散歩から帰ってきて、この話を母親にしたら、
「あの子ね、毎朝、一人で行くよ。大変だろうに偉いよね。」と言った。私は、母親のこの言葉に違和感を覚えた。
まあ、母親だけに限らず、健常者はどうして、車いすの人や障碍者の事を決まり文句の様に「大変だ。偉い。」と言うのだろう?
実際に、その人と会って話をして、大変かどうか聞いたのだろうか??

アウトドアとインドアとメニュー